ニュース&イベント


年度末にタンパク質相互作用
プロジェクトを始めるチャンス!

お読み

推薦状


...結果に加えて、親切で丁寧な対応やコスト(費用および時間)についても非常に満足のゆくものでした。同様の方法論をお考えになられている研究者の方々にHybrigenics社のMBmate Y2Hスクリーニングをお薦めいたします。

山田健太郎・大分大学

酵母ツーハイブリッド法


A scientist explaining the yeast two hybrid principle

90年代初頭以来、酵母ツーハイブリッドシステムの開発と漸進的な改善は、タンパク質相互作用を検出し得る方法に革命をもたらしました1

酵母ツーハイブリッドは、関連深い2つのタンパク質、またはポリペプチドが相互に作用するときの、機能性転写因子(TF)の再構成に基づいた技術です。この再構成は、遺伝子が組み換られた酵母株で起こります。この酵母株内において、レポーター遺伝子の転写は、 特定の表現型につながり、通常では選ばれた培地上で増殖するか、酵母コロニーの色が変化します。最も一般的なレポーター遺伝子は、HIS3とLacZであり、HIS3は、ヒスタジン不足の培地上で酵母を選択し、LacZは、比色アッセイにおいて酵母をスクリーニングします。

>> 使用例

>> 被験分子

>> 原理

>> 無料相談

>> リファレンス