• 2016

    BIO JAPAN 2016でお会いしましょう

    日本、横浜 - 10月12日から14日

    日本で開かれる、グローバルバイオテクノロジー産業向けのアジアのプレミアパートナリングイベントでお会いしましょう。 Bio Japan 2016

    横浜にて2016年10月12日~14日まで開催されるこのイベントは、ライフサイエンスと創薬の様々な分野における製薬会社、投資家、アカデミックイノベーター、科学者等の方々と、バイオテクノロジーを融合させるためのものです。

    バイオテクノロジー産業の最新の技術革新について話し合い、キーパーソンとなる方々と素晴らしいパートナーシップを築く最高の機会となることと思います。

    ビジネス開発マネージャーのSamy Sakr博士がこのイベントに参加します。皆様と実際にお会いして、プロジェクトのご相談にも乗らせて頂きます。Samy博士とのミーティングをご希望の場合は、 ご連絡ください

     

    スクリーニング用の最新ULTImateライブラリ

    フランス、パリ - 8月

    トキソプラズマ・ゴンディのタキゾイトステージから作製した、新しいパラサイトULTImate cDNAライブラリをリリースしました。

    これらのライブラリに関する詳細、またはスクリーニング開始のご相談は、弊社へお問い合わせ下さい。

    ツイッター#HGXlibrariesをぜひフォローして下さい。ライブラリのリリースや、研究に必要な新しいライブラリに関する情報をお届けします。

    また、ライブラリの一覧も合わせてご覧下さい。 様々な種から作成し、厳しい品質管理に基づいて検証した100以上の非常に複雑なライブラリをご用意しています。

     
     

    写真:トキソプラズマ・ゴンディ © CDC

    スクリーニング用の最新ULTImateライブラ

    フランス、パリ - 7月

    2つの新たなULTImateライブラリがリリースされました。

    - 2種類の葉から得たシロイヌナズナのcDNAライブラリ(TYMV(カブ黄斑モザイクウイルス)に感染した葉と、flg22が浸潤した葉)
    - CHIR + bFGFで治療した胚性幹細胞から得たマウスのライブラリ

    これらのライブラリに関する詳細、またはスクリーニング開始のご相談は、弊社へお問い合わせ下さい。 ツイッターで#HGXlibrariesをぜひフォローして下さい。ライブラリのリリースや、研究に必要な新しいライブラリに関する情報をお届けします。

    また、 ライブラリ の一覧 も合わせてご覧下さい。様々な種から作成し、厳しい品質管理に基づいて検証した90以上の非常に複雑なライブラリをご用意しています。

      

    写真: シロイヌナズナ © plantevaernonline

    出芽酵母の全ゲノムシーケンシングが20周年を迎えます

    フランス、パリ - 4月

    1996年4月、世界中の96以上の研究所で働く641人の科学者の共同研究によって、出芽酵母(budding yeast)は、完全にシーケンシングされた最初の真核生物ゲノムとなりました。

    酵母は、エジプト人によって7000年前に発見されました。1857年にLouis Pasteurによって初めて説明された発酵工程は、酵母研究の歴史の始まりです。
    以来、出芽酵母の研究は、画期的な発見をもたらしてきました。例えば、1900年代初期にEdward Buchnerが初めて実演した生細胞外での酵素活性や、 1978年に大腸菌内で複製されたプラスミドとの出芽酵母の形質転換などです。
    最近では、出芽酵母に関する研究に対して2つのノーベル賞が贈られました。まず2001年に、Leland H. Hartwell、Tim Hunt、およびPaul M. Nurse 卿が発見した細胞周期の主要制御因子に対して 、そして2009年に、Elizabeth H. Blackburn、Carol W. GreiderおよびJack W. Szostakが発見した テロメア機能に対してそれぞれノーベル賞が授与されました。

    現在でも、出芽酵母は科学界にとって貴重な資源であり、私達が数えているよりも多くの研究に取り入れられています。出芽酵母は、研究室内で低コストかつ容易に培養、変異、維持することができます。また、ヒトを含む様々な真核生物と、高タンパク質のシーケンスや機能保存などの多くの類似点を共有しています。
    Hybrigenicsにとって、出芽酵母は最高のパートナーのような存在です。私達はこれからもULTImate Y2H工程を駆使して、研究者の皆様のタンパク質結合パートナーを発見し続けていきます。

    弊社のプロジェクトの詳細を確認するには、こちらでYeasu酵母をフォローしてください。

    発酵酵母記念日おめでとうございます!

    発芽酵母記念日おめでとうございます!

    ビジネス開発マネージャーのSAMY SAKRが、シンガポールと台湾を訪問します

    シンガポール&台湾 - 2月29日~3月11日

    事業展開マネージャーのSamy Sakr博士が、2016年2月29日月曜日~3月4日金曜日までシンガポールを訪れます。

    その後台湾へ移動し、2016年3月7日月曜日~3月11日金曜日まで滞在します。

    もしお近くにいらっしゃる場合は、タンパク質相互作用プロジェクトについてご面談頂く良い機会です。

    ご希望のご面談の日時につきましては、どうぞお気軽にお問い合わせください。

    年度末にタンパク質相互作用プロジェクトを始めるチャンス!

    Hybrigenics Servicesは、日本マーケット向けに「年度末」割引キャンペーンを開始しました。

    弊社が開発したYeast 2 Hybrid (Y2H)技術を使用するULTImate Y2Hサービスは、技術的な設計から解析結果のご報告まで、お客様のタンパク質相互作用プロジェクトの一括管理を可能にします。

    この度は、このULTImate Y2Hのプロモーションとして、年度末特別割引キャンペーンを実施しております。

    2016年3月31日までに本サービスをご注文頂くと、15%割引とさせて頂きます。

    詳細に関しましては、お気軽にお尋ねください。連絡は。 こちら からどうぞ。

    スクリーニング用の新しいULTImateライブラリの運用開始

    フランス、パリ - 2月

    私達は、アファノミセス根腐病に感染したタルウマゴヤシの植物と根全体から作製した新たな植物cDNAライブラリを公開しました。

    このライブラリに関する詳細またはスクリーニングの開始方法は、弊社にお問い合わせ下さい

    別の生体で作業されている場合は、ぜひライブラリの一覧をご覧下さい。多様な生物の種類で構成され、厳格な品質管理をパスした80以上の非常に複雑なライブラリが利用可能です。

    私達は今後も、研究コミュニティの要望に合った新しいライブラリを作り続けていきます。 皆様からのフィードバックをお待ちしております。連絡フォームに問い合わせ内容をご記入頂くか、#HGXlibrariesまでツイッター上でご連絡ください。

    Photo © Bertrand BUI

    新しいULTImateライブラリの運用開始

    フランス、パリ - 1月

    私達は、新たなcDNAライブラリを公開しました。内容は、以下の通りです。

    - ヒト結直腸癌細胞(HCT116)

    - ヒトユーニング肉腫細胞(HSEG)

    - シリンゲ菌に感染したシロイヌナズナのロゼット葉

    このライブラリに関する詳細またはスクリーニングの開始方法は、弊社にお問い合わせ下さい

    別の生体で作業されている場合は、ぜひライブラリの一覧をご覧下さい。多様な生物の種類で構成され、厳格な品質管理をパスした80以上の非常に複雑なライブラリが利用可能です。

    私達は今後も、研究コミュニティの要望に合った新しいライブラリを作り続けていきます。皆様からのフィードバックをお待ちしております。連絡フォームに問い合わせ内容をご記入頂くか、#HGXlibrariesまでツイッター上でご連絡ください。

  • >> 2015
  • >> 2014